books

英語のボキャブラリーを短時間で強化するときに気を付けること3つ

 

「英語のボキャブラリーを増やそうと思ったとき、どのようなことに気を付ければ効率的な学習ができるのか?」

そういったお悩みにお答えします。

 

 

 

 

結論から話すと、

気を付けることは

① 濃く1周より薄く100周。

② 書かない。見て覚える

③ 音は正確に覚える。

               です。

 

① 濃く1周より薄く100周。

 

 ふつうは、一回見ただけでは覚えることはできません。

 とにかく接触回数を増やすことを意識してください。

 

 1語にかける時間は1秒以内にしてください。

 例えば、1日に200語覚えると決めたら、その200語は200秒

 つまり、3分20秒で1周してください。

 10周するのに33分20秒しかかかりません。

 

 毎日の通学・通勤時間などだけでも十分できます。

 何度も回転させて長期記憶に残しましょう。

 

 

② 書かない。見て覚える。

 

 これは①にも関連してます。

 書くとかなり時間がかかります。

 1周の時間が長くなります。すると、

 進みが遅いのでモチベーションもだんだんと落ちてしまいます。

 ハイペースで進むことで、モチベーションの維持にもつながります。

 必ず見て覚えましょう。

 なお、余裕があれば音読するとより記憶に定着します。

 

 

③ 音は正確に覚える。

 

 発音記号が読めれば、それで正確な音も覚えましょう。

 CDがあればそれを活用しましょう。

 リスニングテストの際に、知っている語彙なのに意味がとれないものは、

 自分の認識しているその言葉の音声と実際に話される音声に

 ギャップがあることが主な原因です。

 リスニング対策にもスピーキング対策にもなるので、

 必ず音を意識して暗記しましょう。

 

 

 以上が、ボキャブラリーを短時間で強化するときに気を付けること3つです。

学習の参考にしていただければ幸いです。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です