studying

圧倒的に効率的な勉強法とは

圧倒的に効率的な勉強法とは

「網羅性のある教材を反復すること」である。

というのも、複数の教材をやろうとするとどうしても漏れ、被りが発生するからである。その点、一つの教材に一元化すれば漏れ、被りは発生しない。

また、網羅性がある教材をやり切ったことで、自分には知識の穴がないという自信がつき、試験本番、極度に緊張して失敗することを防止できるからである。

具体的には、まず、網羅性がある教材を吟味する。できるだけ情報量が多く、一冊にまとまっているものを選択する。できるだけ分厚く、できるだけ自分が受ける試験の傾向を反映した教材を選ぶといい。

そのうえで、過去問などを参照しながら、その教材の中で試験に出やすいところ、得点に結びやすいところを区別して、マーキングを行う。単純に言えば、出題箇所や解答の根拠部分に逐一マーキングしていく。

手に入る過去問についてできるだけ多く行う。こうすることで、試験に出やすい箇所が明白にわかるようになる。そのようにメリハリをつけたうえで、あとはひたすら反復するだけである。

網羅性がない教材では、結局他の教材に手を出してしまうことにつながりやすく、それによって、エネルギーが分散されてしまう。また、網羅性がある教材を完璧にすることによって、自分には基本的に穴がないという自信につながり、試験本番での極度の緊張などはなくなる。

この勉強法によって、自分は着実に合格に向かって近づいているというモチベーションを感じながら、最も効率的に勉強を進めていくことができる。

「網羅性のある教材を反復すること」が最も大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です